SESの世界で働いているエンジニアが給料を上げる方法

f:id:Cat_Of_STELLA:20170727215101j:plain

SESの世界ではエンジニアが薄給激務で働いています。単価?その半分を会社が持って行って家賃や間接部門の給料として流れるので知らない子ですね。さて、今日はSESの世界で働いている全てのエンジニアの給料を上げる方法を紹介したいと思います。

SESの世界から転職する

これに尽きます。SESの世界は中間搾取が当然です。単価50万だからと言って、実際に給料として振り込まれるのは20万円くらいです。もちろん、諸々の天引きの計算後に月給20万円です。なので、手っ取り早く月給を上げるには残業するしか月給を増やす方法がありません。

とは言え、ベースの給料が上がらないと残業代もスズメの涙ですし、工数工数とうるさい人が多いので、なかなか残業も出来ません。20代後半の年齢で手取り20万円とかザラに居ます。そして毎年の昇給でも1万円上がれば万々歳という意味不明な世界です。そんなSESの世界から脱出した方が良いです。フリーランスでも良いですが、正直なところコネが無いとやっていけないので、そんなこともやってられません。SESのエンジニア辞めましょう。

SESの世界で給料を上げる方法

ただ、SESの世界から転職したくないと言う人も居るので、その他の方法を紹介します。正当な方法ですが、全然給料が上がらないことを認識しておきましょう。

他社に転職

転職すれば給料が下がることはありません。スキルがあれば転職した時に給料が少しだけ高めに設定されます。そこから試用期間を経て、毎年の昇給に期待するしかありませんが、SESの会社は中々給料が上がりません。そんなものです。そうしてみんなまた転職して行きます。

資格を取得する

資格を取得すればスキルが身に付いていると言う意味不明な理論が普通に通るので、会社規定の資格を取れば給料が上がります。それも微々たるものです。しかも、受験料を会社が払うことはまず無いので、金銭的なリスクが伴います。ベンダー資格は高いですし、ただでさえ安い給料なので何回も受験出来る状況には無いと思います。ただ、合格すれば1回分の受験料とグレードの高い資格であれば一時金が出るので、頑張って勉強して1発で合格すれば良いだけです。簡単ですね。

また、資格を取得する最大のメリット(笑)としては、現場の面談の時にウケが良いという事です。頑張って勉強している姿勢を見ますが、そんなので現場にマッチするとは思いません。とても難しい資格を取得している人が入場して1週間で退場という場面も遭遇したことがあります。ゴミみたいな作業をさせられて文句言いながら仕事をしてたら元請けからクレームが来て、そのSESの会社から入場しているメンバー3人全員が退場になってました。その場合、そのSESの会社は大事な売り上げ先を失うことになり、新しく開拓する必要がありますが、噂が広まってNG食らうこともあります。どれだけ凄い資格だからと言って飛びつくのは早計ですね。だからこの業界おかしいんだよ。

会社内で資格勉強会を行う

社内での勉強会を開催して、複数人の資格取得に繋がれば会社からも評価されます。しかしながら、自分で勉強するのと教えるのとは別物なので、難しいです。頑張ってる講師役の人もいますが、休みの日を返上して資料作成しているので、現場のパフォーマンスに影響が出て、誰も合格者が出なかったら本末転倒かなと思います。

現場拡大を行う

あなたが元請けに評価されて人員増加や受託案件を取って来れたら会社から評価されて給料アップに繋がります。但し、人員のパフォーマンスが単価に見合わなかった場合は目も当てれません。

まとめ:SES辞めよう

恐らく会社からは資格を取得しろだの何だのと色々言われる人が多いと思います。資格が取れたからと言って仕事が出来るとは限らないです。資格マニアになるな云々と言う上司の有り難いお言葉があります。

正直言って、SESの世界でエンジニアが給料を上げるのは至難の業です。そもそも予算が少ない案件が99%以上です。会社側の苦悩も分かりますが、SESだけで食って行こうとしている会社には未来がありません。人が居なくなれば何にも残らないです。製品があれば売る人を集めれば良いのですが、人を売っている限り、スキルのあるエンジニアを確保する必要があります。育てる必要も会社にはありますが、育てる気は一切ありません。資格試験の受験料を合格した1回分しか払わないのが答えです。なのでSESの世界から脱出しましょう!