ネットビジネスがネットワークビジネスと比較する理由

「やることやったら稼げる」

そうですね。でも、やることやっても稼げない人も居ます。「やること」が「成功してきた人がやったこと」であって、その人がやったことと同じようにやっても成功するとは限りません。その時は成功したかもしれませんが、今はそうでしょうか? 

ネットビジネスがネットワークビジネスを比較する理由

結論としては集客です。謳い文句がこんな感じだと思います。

ネットワークビジネスはもう古い!

ネットビジネスならいつでも稼げる! 

そうですね、その通りだと思います。そんな感じにネットワークビジネスと比較してネットビジネスの紹介がされてます。 

ネットビジネスがネットワークビジネスを引き合いに出している理由としては、ネットワーカーの「楽して稼ぎたい」「人間関係を失いたくない」という、潜在的な意識に付け込んで、最終的には、商材やコンサル費用でもって金を巻き上げるのが目的です。

注意して下さい。中には、ネットビジネスでも収入プランがネットワークビジネスと大差ないものや、ネットワークビジネスよりもえげつないものもあります。 

私がネットワークビジネスのディストリビューターとして活動していたころ、「ネットビジネスやってます」という方とアポをしました。その方は独立されてるみたいで、まあ凄いねってくらいの感想です。一つ疑問が生まれないでしょうか?ネットビジネスでの収入限は転売かアフィリエイトです。じゃあ、何故、わざわざネットワーカーと会う必要があるのでしょうか?ここに、落とし穴があります。

ネットビジネスのコンサル

内容どうのこうのよりも、こう言った方が良いでしょう。ネットビジネスで払うお金はコンサル費用です。ネットビジネスのノウハウを教えます!とか言うコンサルは、世の中にたくさんいます。で、ノウハウを教える前にこう言います。

「受講料は○○万円です!」

「そして、1人紹介するごとに○○万円をあなたに差し上げます!」

「○○人になると・・・」

どこかで聞いたことありませんか?そして紹介料の仕組みがネットワークビジネスだったりします。ネットビジネスのコンサル出来るくらいなら、自分でネットビジネスやって稼いだ方が早いと思います。そう思うのは私だけですかね?ちなみに受講料は安くて100万円くらいです。

で、コンサル受けて稼げるかというのは疑問符です。コンサルとセットで商材がついてきますが、それで稼げるかは本人次第です。そして飛びます。「やり方が通用しなくなったので時間が欲しい」とか言って、連絡が取れなくなって逃げられます。常套手段ですね。 

ちなみに、コンサルの内容は、大きく分けて物販とPPCです。中には、MLM会社の商品を転売してる場合もあります。「ディストリビューターからよりも安く買えた方が世の中の人にメリットになりますからね。」って言います。それはどうなのかなあって思いますが。 

まとめ

ネットワークビジネスもネットビジネスも、集客が必要です。その手段が口コミなのかインターネットを使うのかの差だと思います。但し、口コミでネットビジネスの集客をしている場合は注意が必要です。コンサルと称して何かの商材を買わされることが考えられます。また、ある程度稼げるようになった後に、アップセールスで高額商材が登場する場合もあります。その時は要注意です。稼げるようなると、人は自分の可能性を信じてしまいます。そこで冷静に判断出来るかがポイントかもしれません。