【元ネットワーカーが暴露】MLM(ネットワークビジネス)のホントとウソ(その2)

前回、MLM(ネットワークビジネス)の質問に答えるという記事を書きました。今回も、MLM未経験の方向けに質問に答えます。

前回の記事はこちら。

www.steallcreate.com

 

質問1「会社の中でネットワークビジネスの勧誘をしている同僚がいるのですが、正直、みんなが迷惑しています。止めさせるにはどうしたらいいでしょうか?」

上司に相談しましょう。まずはそこからです。困っていることをアピールします。決して、自分自身で何とかしようとは思わないで下さい。職場で1人の労働力を失うのは非常に勿体無いです。また、あなたが止めることで会社を辞められたらあなたが責任を問われることも考慮に入れて下さい。なので、まずは上司に相談しましょう。

もし上司が何も対応策を取らない場合、消費者センターに相談するのも手段としてはあります。しかし、ディストリビューターの会社名を押さえる必要があります。(この質問、ホントとウソというよりもただの相談ですね。)

質問2「やたらと飲み会やパーティーが多い印象なのですが、実際に多いのですか?また、何をしているのですか?」

飲み会やパーティーは多いです。飲み会には3種類あります。

  • 集客目的(見込み客を見定める)
  • 勧誘目的(次に勧誘する予定の人を連れてくる)
  • 内部意識向上(リーダーの自己満足に近い)

1つずつ説明します。

①集客目的

これは外部の交流会やオフ会で会い、後日、改めて集まろうというパターンです。この時の主催者は参加者全員を見込み客としてリストアップします。ここでは勧誘はありません。また、主催者の知り合いで~とか言って実はネットワーカーでしたというのもあります。主催者のダウンとかですね。

この集まりの見破り方は残念ながらありませんが、後日、勧誘目的の飲み会やパーティーに誘われることがあるので、そちらの見破り方はあります。この手の集まりは、週5で開催している人もいますが、だいたい週1か2です。

②勧誘目的

ある日突然、友人や会社の同僚から「お世話になってる人が主催するパーティー(飲み会)があるんだけど参加してみない?」と誘われた経験のある人は少なくないと思います。ここから、後日勧誘されたなんてことは、よくある話です。特徴しては以下が当てはまります。

  • 何の集まりか不明確
  • 誘ってくれた人が、お世話になっている人のところに挨拶に行こうと言う
  • 高い会費の割に出てくる料理や飲み物が安い
  • 参加者がやたら夢を語り出す
  • お世話になっている人のことを、皆が師匠と呼んでいる
  • 師匠と呼ばれる人は自称事業家(具体的な内容は言わない)
  • 参加者同士の連絡先交換はNG
  • 帰る時に1人1人が師匠に挨拶して帰る

上記の全てに当てはまれば確実にMLMです。師匠は事業家です。ただのネットワーカーですけどね。これは事前に集まりの内容を聞いておけば回避出来ます。勧誘目的の集まりは、月に2回くらいしてます。

③内部意識向上

週に1度、夜にミーティングかトレーニングといった予定がネットワーカーには用意されています。グループでやるタイプが多いです。19時スタートで終わるのが21時くらいです。そこからアフターがスタートします。ただの飲み会ですけどね。

また、月に1回にはグループ全体で集まって、リーダーとか師匠とか言われる人の家でパーティーをします。この時は内部の人間だけで行います。「えい、えい、おー」って感じのノリで、朝まで夢を語り合います。生産性が無い1日です。また、参加費は主催者のお小遣いになるので、グループ全員の参加は必須です。

質問3「権利収入は取れるのですか?」

結論から申し上げると、取れません。「権利型の収入」は得ることが出来ますが、永続的な収入を得る権利は取れません。MLMの会社に電話で「権利収入は取れますか?」と質問してみて下さい。「比較的、長期的に安定した収入を得ることが出来ます。」と回答されます。

権利収入については過去に書いた記事があるので、詳細はそちらを参照願います。

www.steallcreate.com

 

質問4「MLMの製品を買いたいのですが、ディストリビューター以外から買う方法はありますか?」

ネットで検索すると出てきます。MLMの会社で買うよりもお手頃です。というのも、在庫を抱えてるディストリビューターは、「お金が欲しい」「とにかく在庫を手放したい」ということしか考えてないので、そのニーズに合わせて買い取るところがあります。また、ディストリビューター自身がネットで売りさばいてます。家の中にごろごろと製品があるのは邪魔ですからね。

今回のまとめ

今回もMLM未経験の方の質問に回答しました。事前に実情を知ることが出来たら、勢いに任せてMLMに飛び込んで悲惨な目に合わずに済みます。承知の上でMLMを始めるという方も居ますが、それは元々の収入が高い方です。