エンジニアは業務時間外に勉強すべき??

ホットエントリーに興味深い記事が上がってたので、私も関連する記事を書こうかなと思いました。

terurou.hateblo.jp

勝手に引用して来ました。当該記事の筆者様は社長さんですが、社長さん自身もエンジニアに含めているとのことなので、現場に社長さんが入っているのかなと想像しています。今の時代は珍しくないことです。相当、仕事が出来る人じゃないときついかもしれません。技術的な知識を持ち合わせているのは当然で、営業力も求められますから、筆者様は相当仕事が出来る方なんだなと思います。さて、続きは私の見解です。

エンジニアは業務時間外に勉強しているものなのか

一般的にどうかと言われると、正直なところ微妙な話です。意識の高いエンジニアなら業務時間外に勉強するでしょうと言いたいところですが、零細SES企業の底辺エンジニアの私が知る限り、業務時間外に勉強している人は、ほとんど居ません。罵声を浴びさせられたり、お偉いSIerのプロパー社員から使い捨ての様な扱いをされているエンジニアたちは日中の業務で心身ともに疲弊しています。そんな状態で業務時間外に勉強出来るメンタルの持ち主は、相当意識が高いです。所感だと50人に1人居れば良いでしょうが、そんな人はすぐに会社に見切りを付けます。

大半のエンジニアはボロ雑巾の様な扱いを受けているので、帰って自分の余暇の為に時間を使うでしょう。「将来の自分に投資するために頑張れば良いのに」と思う方も居るかもしれませんが、そのような考えをお持ちの方はIT業界、特にSESの世界の底辺を未だご存知ないとお見受けします。

業務時間外に勉強するとしたら何を勉強すべきか

各人の自由と思います。そもそも、業務時間外ですから、勉強したい人だけすればいいと思います。私が新人の頃なんて、勉強なんかしたことありませんでした。毎日の様に5時に起きて2時間かけて満員電車の中を通勤してました。帰宅するのも日付が変わってからなので、睡眠時間の確保が最優先です。土日も出勤することが多かったので、せっかくの休暇であれば睡眠を最優先としていました。少し話が逸れましたが、何を勉強すべきかは各人の自由です。以降は話を少し掘り下げてみます。

資格試験

SESの会社の偉い人が口を酸っぱくして言っています。人売りのために奴隷が資格持っていれば箔が付くので、会社としては都合が良いです。なので偉い人たちは繰り返し言います。繰り返して刷り込み、取れなければ減点評価とかいう意味不明な措置を取るので、会社を辞める人が多いのですが、多分気が付かないでしょう。

しかしながら、ベンダー資格は高額なので、受験料を聞いた瞬間に躊躇う人が大半です。残業代でカバーするのもバカバカしいので、落ちた時のリスクを考えて資格を諦めようとする人が多いです。金銭リスクを考慮すれば当然の判断だと思いますが、会社は自費でやれだの、将来の自分に投資しろだの、意味不明なことを言って受験させようとします。取って欲しいのであれば、会社が頭下げて受験するように懇願すべきだと思うのですが、基本的にSES業態の会社はお金が無いので、当然の様に命令してきます。頭おかしいんじゃないでしょうか。

技術

家の開発環境でコーディングするということです。スマホ全盛期でパソコン持っている人がどれくらいいるか分かりませんが、SES業態のエンジニアではパソコンは必須です。それまでパソコン持ってなかった人には、自分で用意しろとか言う意味不明なことを会社から言われます。頭おかしいです。入社前に言えよと思いますが、都合の悪いことは会社は隠します。隠蔽体質なのは日本企業の美徳なのでしょうか?甚だ疑問です。

さて、ここ数年、私も体力があれば家で技術的なスキルアップのために時間を使っています。例えば、日中、ソースで分からないことがあれば家で調べて簡単なプログラムを組んでみたりします。また、組んだロジックで改良の余地があれば、家で例文をコーディングしてみたりします。最近だとバッチファイルの記事を作成して、ド忘れした時や、後輩から質問された時に再確認したりするのに閲覧することがあります。良かったらどうぞ。

www.steallcreate.com

www.steallcreate.com

転職

これも立派な勉強だと思います。エンジニアだけが世界の全てではないので、他業種のことを調べて転職するのもアリだと思うので、一向に構わないと思います。と言うか、SESの世界から脱出したいのであれば、早く脱出した方が良いですね。時間が経つと他の業界に転職する時、かなり不利になります。不動産営業とか保険営業とかは年齢が多少上でも転職自体は案外楽ですけど、転職してからがキツイです。

副業

これも立派な勉強です。SES業態のエンジニアの給料は少ないので、生きるための手段の一つと思います。IT業界の年収が高いとかいう謎の風潮がありますが、残業代が無い場合は悲惨な金額なので、エンジニアは悲惨です。一部の管理職は結構貰ってますが、SES業態の場合、時間外労働が半端ないので、時給換算するとコンビニでバイトした方が良いんじゃないかと思えます。私も管理職経験者ですが、部下が他の現場でトラブル起こした時など、自分の現場を抜けて営業と一緒に謝罪しに行くとかいう意味不明なこともやってたので、耐えられなくなって辞職しました。手当はたった数千円だったので、責任が大きく雑務が多い割に金額が少なすぎて割に合いません。

色々複合的な要因もあり、結局のところ、エンジニアは副業をすることに興味を持つことが多いです。テスターで3年間塩漬けにされた後輩がいますが、コーディング出来ないので年を取ると現場も限られるため、業務時間外は副業に時間を割いていると聞きました。副業OKの会社も増えて来てますが、副業に没頭して本業に支障が出るからとかいう理由で、会社としては副業して欲しくないという矛盾も発生しています。じゃあ最初から副業に関して規定なんかするなと言いたいです。

そして、副業に興味を持つとMLMに遭遇する機会が多いです。権利収入だの不労所得だので誘惑して毎月高額な支払いを要求してきます。モデーアの場合なんかは遠回しにサラリーマンを馬鹿にしてきます。『金持ち父さん』の内容をご存知の方は分かると思いますが、投資家を推奨しています。その内容をオウムの様に言ってるだけなので、相手にする必要が無いですけど。MLM関連の記事は以下にありますので良かったらどうぞ。

www.steallcreate.com

最後に:そもそも勉強した方が良いのか

各人の自由だと思います。勉強しても身が入らない人は入らないものです。日中の業務で新しいことを吸収し、アウトプット出来るのであれば、別に業務時間外は自分の余暇に充てれば良いと思います。会社が勉強しろと言っても、しない人はしないので、会社としては取りあえず言っているだけです。脅し文句で、「給与査定に影響するぞ」なんてことも平気で言う会社もあります。私が今いる会社も平気で脅してくるので、しばらくしたら辞めようかなと考えています。新人の子たちは会社から資格を取れと命令されて「給料に影響するぞ」と脅されてるので、睡眠時間を削って頑張ってますが、それが原因で日中のパフォーマンス落ちているのに会社が気づく日が来るのでしょうか。