コマンドプロンプトを使ってみよう(初心者向け・ファイル削除編)

ファイル削除したい時に特定条件に絞り込んで削除したい場合があると思います。例えば、「.txt」拡張子だけを削除したい場合や、指定したファイル名のファイルを削除したいなど、色々な削除条件があると思いますが、手で一つ一つやってたら日が暮れます。なので、今回はファイル削除に関するコマンドプロンプトの使い方を紹介したいと思います。

ファイルを削除する

delコマンドを使用してみる

とても簡単です。基本形を2つ紹介します。以下はdelコマンドと呼ばれるものでファイルパスを指定してファイルの削除を実行します。

del c:\FileName

c:\FileName』の部分にファイルのフルパスを記述します。すると、DOS先生が「よろしいですか?(Y/N)?」と尋ねてくるので、削除したい場合はそのまま「y」を入力してEnterキーを押下で削除が実行されます。このコマンド、ディレクトリの中身のファイルだけを削除も出来ます。

del c:\DirectoryPath

c:\DirectoryPath』にディレクトリのパスを記述します。そのディレクトリ内にファイルがあれば、ファイルを全て削除してくれます。しかしながら、ディレクトリは残ります。delコマンドはあくまでもファイルの削除であって、ディレクトリの削除は実施しません。また、上記のコマンドの場合、サブディレクトリの中にファイルがある場合、サブディレクトリの中身は削除しません。

 

複数のファイルを削除してみる

もちろん、複数のファイルを削除することも出来ます。ファイルパスを指定する方法とワイルドカードを使用する方法です。

 

複数ファイルパスを指定して削除する

ファイルパスを続けて指定することで複数のファイルを一度に削除出来ます。以下の様に記述して下さい。

del c:\FileName1 c:\FileName2 c:\FileName3 ...

ファイルパスとファイルパスの間に半角スペースを入れると複数のファイルが削除されます。削除したいファイルが明確に決まっている場合に使用して下さい。

 

ワイルドカードを指定して複数ファイルを削除する

ワイルドカードを使用すると複数のファイルを一括で削除出来ます。例えば、拡張子が「.txt」のファイルを一括で削除したい場合は以下の様に記述します。

del *.txt

*.txt』と指定すると、拡張子が「.txt」のファイルが一括で削除されます。また、特定のディレクトリの中にある拡張子「.txt」のファイルを削除したい場合は以下の様に記述します。

del \dir\*.txt

上記の様に記述すると、「\dir」の中にある拡張子「.txt」のファイルが削除されます。

 

オプションを使ってみよう

さて、delコマンドの基本的なコマンドを紹介してきました。次はオプションを使用して少しだけ応用してファイルの削除をしてみます。まずはhelpコマンドでdelコマンドのオプションを表示します。以下のようにコマンドプロンプトに入力して下さい。

help del

すると以下の様にDOS先生からお返事を頂くと思います。

ファイル (複数可) を削除します。DEL [/P] [/F] [/S] [/Q] [/A[[:]属性]] 名前ERASE [/P] [/F] [/S] [/Q] [/A[[:]属性]] 名前名前 ファイルまたはディレクトリ (複数可) の一覧を指定します。複数のファイルを削除するときはワイルドカードを使用します。ディレクトリが指定されたときはディレクトリ内のすべてのファイルは削除されます。/P 各ファイルを削除する前に確認のメッセージを表示します。/F 読み取り専用ファイルを強制的に削除します。/S 指定されたファイルをすべてのサブディレクトリから削除します。/Q ワイルドカードを使用して一括削除するときに、確認のメッセージを表示しません。(QUIET モード)/A 属性により削除するファイルを選択します。属性 R 読み取り専用 S システム ファイルH 隠しファイル A アーカイブ非インデックス対象ファイル L 再解析ポイント- その属性以外コマンド拡張機能を有効にすると、DEL と ERASE は次のように変更されます:/S スイッチの表示形式が逆になり、見つからなかったファイルではなく削除されたファイルだけが表示されるようになります。

少し長いですね。「ERASE」というコマンドも同時に出てきていますが、delコマンドと同意です。機能もオプションも一緒なので、今は余り気にしないで下さい。業務で使用するものについて解説します。

 

読み取り専用のファイルも削除したい

読み取り専用の状態だとdelコマンドを実行してファイルの削除が出来ません。それでもとにかく削除したいのであれば、「/f」というオプションを利用します。delコマンドのすぐ後ろに半角スペースを入れて「/f」と記述し、また半角スペースを入れてファイル名を記述します。

del /f c:\ReadOnlyFileName

上記の様に記述することで、読み取り専用のファイルも削除します。

 

サブディレクトリ内のファイルも削除したい

本記事の冒頭でも書きましたが、delコマンドにディレクトリパスを指定すると、そのディレクトリ内のファイルを削除してくれます。但し、サブディレクトリは例外です。サブディレクトリも含めてファイルを削除したい場合、「/s」オプションを利用します。以下の様に記述します。

del /s c:\Direscoty

上記の様に指定すると『c:\Direscoty』以下のサブディレクトリのファイルも削除してくれます。ただ、ディレクトリごとに削除を実行する前にDOS先生が「よろしいですか?(Y/N)?」と尋ねてきますので、「y」を押下してEnterキーを押下して下さい。

 

削除確認のメッセージを消したい(飛ばしたい)

削除前提で話をしているのに、丁寧に削除して良いか確認するDOS先生のご意向をスキップすることも出来ます。「/q」オプションを利用することで確認メッセージを非表示に出来ます。

del /q c:\FileName

例えば、サブディレクトリまで削除する時や、ワイルドカードで一気に削除しようとすると確認メッセージが出てくるので、それが煩わしい場合は「/q」オプションを使用してみて下さい。

 

オプションを複数組み合わせてみる

「サブディレクトリの中の拡張子『.txt』ファイルを確認メッセージ無しで読み取り専用まで削除したい!」という方もいらっしゃるかと思います。そんな欲張りな方にも安心してご利用頂けます。オプションを組み合わせれば大丈夫です。

del /s /f /q \dir\*.txt

上記の様に複数オプションを指定します。拡張子「.txt」にしてファイル名はワイルドカードを指定すれば一気に削除が可能です。

 

まとめ

今回はファイルの削除について紹介させて頂きました。不要なファイルを一括で削除したい場合等に使用する時にその威力を発揮します。色々と試してみて下さい。