KDDIがスマホ料金を値下げするってことはKDDIの従業員は・・・

日経新聞の電子版より。KDDI、いわゆる携帯キャリアのauが今年度の夏季中にスマートフォンの料金を、1500円前後(約2割)の値下げすると発表しました。

www.nikkei.com

ここに来てようやく重い腰を上げたか…という感じですが、この値下げ作戦には壮大な計画が既に仕組まれていると考えられます。

「スマホ料金」の値下げはそもそも可能?

割引きを仕掛ける=どこかで採算を見込んでいる

まず、考えの鋭い方なら2割も値下げするにあたって、その補填はどうするのかと考えるはずです。プランの月額料金を2割値下げする場合、1人あたり年間で1,500円*12ヶ月=18,000円の値下げになります。さて、この18,000円は結構大きいと思います。普通に考えて、収益が2割減って相当な減収ですからね。そうなった場合、auの従業員の賃金をどうするのか疑問が残ります。

稼ぎ過ぎたから2割くらい減収でも平気!

妄言レベルでそんなわけないと思いますが、可能性の一つとしてあり得るかもしれません。まあ、それくらいの聖人君子の経営陣であれば、もっと公共性・公益性のあるサービスを期待したいですね。結論としては、絶対に有り得ないです。

他のプランの料金を釣り上げる

定跡だと思います。主要プランの月額料金を値下げすると記事には記載しているので、主要プラン以外のプランは値上げする可能性があるということですね。例えば、ライトユーザーの料金をコッソリ少しだけ上げるとか。もしそんなことをしてしまったら社会的な信用が無くなるので、コッソリ値上げすることは無さそうです。大手キャリア3社が足並みそろえてしまったら堂々と他のプランの値上げをしそうですが。

本体料金を上げる

これはヒッソリとやりそうですね。というか可能性大だと思います。新規スマホ端末は未だに高額なので、1シーズン後のモデルを買う人も多いかと。それでも高いお金を払って新しい端末が欲しいと言う方は結構います。感覚がマヒしてると思うので、60,000円が65,000円になってても気が付かないでしょう。こんな感じに端末の料金を上げてしまえば、値下げしても大丈夫そうですね。メーカーに何割渡すのか、この記事では全く考慮してないですが。

やっぱり値下げは難しいのでは・・・?

何か戦略があるのだと思いますが、KDDIの従業員に負担がかかりそうですね。特にauショップ店員だったり携帯代理店の従業員は特に割を食いそうです。そこだけが懸念です。